アフリカでは、特許出願の主題のメリットについての審査がないことがよくあります。その結果、主題が特許性の実質的な要件を満たしているかどうかに関係なく、出願の正式な要件が満たされている場合、特許が付与されます。

これは、特許の取消を反訴する被告の能力と相まって、侵害訴訟を開始する前、またはそうすると脅迫する前に、特許の有効性を評価することが不可欠になります。