Constituting a world first in a field that has traditionally been hostile to an “artificially intelligent” inventor, South Africa’s patent office granted a patent in July 2021 to an invention created by an AI system.

ゴーサインを受けた発明は、グリップと熱伝達を改善するフラクタル形状ベースの設計で食品容器を連動させるシステムのためのものです。これにより、ロボットが簡単に把握して積み重ねることができます。

DABUS (Device for the Autonomous Bootstrapping of Unified Sentience)

DABUS (Device for the Autonomous Bootstrapping of Unified Sentience), the AI that “designed the invention”, is the creation of Stephen Thaler, CEO of US-based Imagination Engines. Thaler created the source code for DABUS, which he named as the “inventor” of the product in patent applications filed around the world while naming himself as “applicant” and thus patentee.

南アフリカの特許賞は確かに先駆的なものですが、国際的な知的財産の専門家からかなりの反発を受けています。

南アフリカの特許庁、企業および知的財産委員会の一部による誤りまたは見落としとラベル付けする人もおり、特許の付与は、特許協力条約を国別化するための立法規則および手続きの誤解の結果であるとコメント者は指摘しています。南アフリカでの(PCT)出願。

多くの人はまた、特許の授与を南アフリカの特許手続きの起訴と見なしており、現在は正式な審査段階のみで構成されています。これには、チェックボックススタイルの評価が含まれ、関連するすべてのフォームが送信され、適切に記入されていることを確認します。

Search and examination system (SSE)

批評家は、南アフリカに実質的な調査および審査システム(SSE)が導入されていれば、DABUS特許出願は却下されたであろうと示唆しています。実際(以下で説明するように)、特許庁が実施する義務のある正式な審査でさえ不足しているように思われるため、SSEはこの文脈では無関係です。

Spoor&Fisherの弁理士、 デビッドギルソン、説明:「南アフリカでは、当社の特許法には発明者の定義が含まれておらず、実質的な審査は必要ありません。正式な要件が満たされている限り、特許を付与することができます。」

He goes on to ask: “How, in the case of DABUS, did Thaler obtain the right to apply for the patent from a machine? Unresolved difficulties of this nature could result in the patent being contested in the future. It is a requirement of South African patent law that if the applicant for a patent is not the inventor, the applicant must provide proof of his/her right to apply in lieu of the inventor. As DABUS had been cited as inventor, how should the machine “decide” to assign its (apparent) rights to its creator – and furthermore, how could this possibly be effected in reality?”

Those in favour of granting patents to AI systems assert that this will encourage technology innovation and investment in AI systems, prevent the mis-crediting of human beings, and notify the public who – or indeed, what – the actual creators of an invention are.

Legislation requiring the inventor to be a natural person

しかし、米国と英国の特許庁は、他の理由の中でもとりわけ、発明者が自然人であることを要求するそれぞれの法律を理由に、DABUSの申請を拒否しました。ターラーがこれに異議を唱えたとき、両方の判決が支持されました。

Then, in September 2021, the US District Court for the Eastern District of Virginia found that, under the US Patent Act, the AI computer cannot be recognised as an inventor. It concluded that the “clear answer is no” to designating an AI system as an inventor on a patent application “based on the simple legislative text of the Patent Act and Federal Circuit Authority”.

判決によると、特許法における議会の「個人」という用語の使用は、発明者は自然人でなければならないという結論を補強します。議会は「個人」という用語を人間に関連するものとして理解している。

DABUSが南アフリカで最初の特許を取得した直後、オーストラリア連邦裁判所のJonathan Beach判事も、非人間を特許の発明者として特定できると判断し、Thalerに有利な判決を下しました。 1990年のオーストラリアの特許法は発明者を定義しておらず、同法の特定の規定はAIシステムが発明者と見なされることを明示的に否定していません。ビーチはさらに、そのような構造は発明を促進することである特許法の目標と両立するだろうと述べた。

But the question remains: Can the DABUS application withstand legal examination? And are South Africa’s IP laws keeping up with technology innovation? Gilson warns: “This patent award should serve as a wake-up call to governments around the world to accelerate the process of modernising and harmonising intellectual property laws, regulations, and practices in general.”

この記事は、ITOnlineで最初に公開されました。