商用IP

IPを活用して、リスクを軽減します。

商業化により、ビジネスのリスクを軽減しながら、知的財産の潜在的な価値を解き放つことができます。 

Spoor&Fisherの商業IP部門は、特許および技術グループ(技術)と商標および著作権グループ(非技術)の2つのグループに分かれています。 

私たちは、ソフトウェア開発会社、多国籍企業グループ、官民パートナーシップ、フランチャイザーとフランチャイジー、スポーツとエンターテインメントの有名人、作家、アーティストなどと協力し、技術開発と資金調達、IPの専門分野で深い専門知識を提供します。商業化とベンチャーキャピタル投資。

当社の商用IPサービスには次のものが含まれます。

  • ブランド構築: フランチャイズ、ライセンス、供給と流通、為替管理コンプライアンスなどを含みます
  • 機密性、プライバシー、および個人情報へのアクセス: 個人データの収集および処理方法を規制する複雑な国内および外国の法律へのコンプライアンスの確保
  • IPポートフォリオ管理: IP監査、IPレジスタの確立、IP戦略の開発、競争環境の美化、IPポリシーと管理ガイドラインの作成、IP保護のギャップの特定などが含まれます。
  • 合併と買収: IP所有権の検証、登録済みIPアイテムのステータスの検証、クレームの範囲の評価、およびビジネスのコンテキストでのIPの価値の評価に拡張します。
  • 技術移転、技術プーリング、クロスライセンス: 技術移転、IPプーリング、ライセンス供与、およびクロスライセンス契約の構造化と実装を含む
  • グループ内ライセンスと国境を越えた取引: IP所有権の集中化、運営会社のライセンス供与、適切な所有権とライセンス供与構造の作成、および取引所管理の承認の取得を含みます
  • 官民の技術開発と商業化: 2008年の公的資金による研究開発法51(IPR-PFRD法)からの知的財産権に沿って

FAQの

流通、フランチャイズ、ライセンス契約の違いは何ですか?

ライセンス契約は、ライセンサーが知的財産の侵害を構成する行為を許可する契約です。

流通契約では、流通業者はIP所有者から商品を購入し、利益のためにそれらを販売します。流通業者は、販売する商品を宣伝するために特定の商標を使用する必要がある場合がありますが、商品の創始者または商標の所有者であるとは主張していません。

一方、フランチャイズは、ライセンシーがビジネスモデル全体を複製できるようにすることを目的としています。フランチャイズの核となるのは、特定のIPを使用する権利を第三者に付与するライセンス契約ですが、IPの性質上、他のライセンス契約とは異なります。

他の人にIPライセンスを付与するとき、どのような重要な側面を考慮する必要がありますか?

次のことを考慮する必要があります。

  • ライセンス可能な利益(すなわち、ライセンスがない場合にライセンシーによって侵害されるIP)を特定する。
  • ライセンスの期間と地域(ライセンスの対象となるIPを考慮)。
  • ライセンシーがIPに関連して実行することを許可されている行為(たとえば、ライセンシーは特許製品の製造、使用、または販売を許可されていますか?ライセンシーはコーポレートアイデンティティとして商標を使用することを許可されていますか?)
  • ライセンスの付与と引き換えに支払われる対価
  • サブライセンスを付与する、またはライセンスを割り当てるライセンシーの権利

他の誰かが所有するIPのライセンスを取得することを検討する場合、どのようなデューデリジェンスを行う必要がありますか?

この場合、次のことを考慮する必要があります。

  • 商業化したい製品/サービスに対するIPの関連性
  • 知的財産の有効性(特に、登録された知的財産権の申請が起訴中に実質的な審査を受けていない場合)
  • IPの範囲と競争を制限するその能力

技術プーリングまたはクロスライセンスとは何ですか?

多くの場合、技術開発は共同で行われるため、さまざまな寄稿者が製品に関連付けられたIPのさまざまな部分を所有します。

すべての寄稿者がそれぞれの技術をプールして、各寄稿者が劣った製品を販売するのではなく、各人が製品の最良のバージョンを作成して販売できるようにすることは理にかなっています。

同様に、2つ以上の当事者が製品に関連するIPを持っている場合、他の競合他社に対して独占を強制するために、それらは互いにクロスライセンスすることができます。

サービスプロバイダーにサービスの提供を依頼する場合、何を考慮する必要がありますか?

著作権作品、発明、デザインなどの知的財産を作成する可能性のあるサービスプロバイダーにサービスを提供する際には、これらの独占的使用を期待するかどうかを検討することが重要です。

たとえば、コンピュータプログラムの開発や芸術作品の描画にお金を払った場合、その作品を使用または複製する権利は自分だけにあると思いますか?

また、開発した商品/サービスを提供する資格があるのはサービスプロバイダーだけであるかどうかも検討する必要があります。

たとえば、サプライヤーによる機器の開発にお金を払う場合、このサプライヤーがあなたに機器を供給することを許可されている唯一の人になるという意図はありますか?

結果として生じるIPの所有権と使用に関する規定は、クライアントへの排他的利益とサービスプロバイダーによる排他的供給に関して、両当事者の合意を明確に反映する必要があります。

チームに会う

Spoor and Fisher Team - Dina Biagio

ディナビアジオ

相棒

Spoor and Fisher Team - John Foster

ジョン・フォスター

相棒

Spoor and Fisher Team - Duncan Maguire

ダンカンマグワイア

監督

Spoor and Fisher Team - John McKnight

ジョン・マックナイト教授

相棒

Spoor and Fisher Team - Wayne Meiring

ウェイン・メイリング

取締役社長

Spoor and Fisher Team - Hugh Melamdowitz

ヒュー・メラムドウィッツ

相棒

Spoor and Fisher Team - Danie Pienaar

ダニーピエナール

相棒

Spoor and Fisher Team - Tshepo Shabangu

ツェポシャバング

相棒

Spoor and Fisher Team - Jeremy Speres

ジェレミー・スペレス

相棒

Spoor and Fisher Team - Marco van der Merwe

マルコ・ファン・デル・メルウェ

相棒

Spoor and Fisher Team - Herman van Schalkwyk

ハーマン・ヴァン・シャルクウィック

相棒

Spoor and Fisher Team - Eben van Wyk

Eben van Wyk

相棒

jaJapanese