2022 年 11 月 6 日から 9 日にかけて、アフリカ知的所有権機関 (OAPI) の代表団は、その事務局長であるデニス・ボフスー氏が代表を務め、ケニアのナイロビにあるアフリカ保証基金 (AGF) を訪問しました。

AGF は、発明とイノベーションに資金を提供するためのメカニズムの設定を含むベンチャーにおける OAPI のパートナーです。報告書によると、このベンチャー企業が稼働すると、OAPI は「開発機関」として機能することになります。

この資金調達ベンチャーは、2022 年 12 月 8 日にカメルーンのドゥアラで開催される OAPI の取締役会で議論されます。