2016年8月19日、南アフリカの保健省は、1972年の食品、化粧品および消毒剤法54の観点から、化粧品の表示、広告、および組成に関する規則案を発表しました。

これらのドラフト規則は、要約すると、以下を提供します。

  • 化粧品のカテゴリー;
  • これらの製品の安全を確保するための措置。
  • 必須の製品情報ファイル。
  • 適正製造基準;
  • 化粧品の組成に含まれる禁止物質;
  • ラベル付け要件;
  • 製品クレーム;
  • 広告;と
  • 罰則。

他の規定の中でも、規則草案は、「通常のまたは合理的に予見可能な使用条件下で使用された場合に人の健康に損害を与える可能性がある」化粧品を販売、製造、または輸入してはならないことを規定しています。また、製造業者、包装業者、および販売業者は、化粧品ごとに製品ファイルを保持する必要があり、商品の製造は適正製造基準(GMP)に準拠する必要があります。

さらに、製品には禁止物質が含まれていてはならず(これらは規則草案に記載されています)、誤解を招く詐欺的主張は禁止されています。

規則草案はまた、新たな刑事犯罪を定めています。たとえば、これらの規則の下では、製品に「医師が推奨する」というラベルを付けたり、製品が医師によって推奨されていることを暗示したりすることは違法です。

提案された規則への書面による提出およびコメントは、この草案の公開から3か月以内に提出する必要があります。 2016年11月19日.