, Gift Sibanda – a Man Who Has Lived Up to His Name in the African IP domain

彼らの仕事の性質上、知的財産の専門家は、創造的で独創的で先見の明のあるクライアントに出会うことに慣れています。優秀なチームメンバーもいれば、より孤独な道を選び、無軌道のテラ・インコグニタを見る道を切り開く人もいます。一方、IPスペシャリストは、必ずしも直接形作ることなく、イノベーションを可能にするための促進的かつ支援的な役割を果たしていると見られています。

Gift Huggins Sibandaは、このステレオタイプの見方がいかに間違っているかを正確に示しています。ほぼ30年にわたるキャリアの中で、彼は孤独なパイオニアであり、熱心なチームプレーヤーであり、コンセンサスを生み出す外交官であり、尊敬されるリーダーでありながら、常に完璧な知的財産の専門家であり続けています。

2005年から2012年まで、Giftはアフリカ地域知的財産機関(ARIPO)の局長を務めましたが、1980年にモスクワのパトリスルムンバ大学で修士号を取得し始めたとき、彼は知的財産法を専門とすることを選択しました。その分野がアフリカとほとんど無関係であるように思われた時代。それにもかかわらず、彼は忍耐強く卒業し、ジンバブエの証書部門で特許、商標、意匠の形式審査官になりました。今回の石炭の顔は貴重な経験を提供しましたが、彼の業績と可能性により、彼は急速に世界知的所有権機関に出向し、ARIPOの枠組み内での特許文書および情報センターの設立を支援しました。

As a result of the success of this project, Gift was appointed as an Industrial Property Officer in ARIPO but his abilities and responsibilities went far beyond those of a pure patents specialist. Already during his WIPO days it had become apparent that for ARIPO to succeed in its aims and objectives, it was vital that someone should drive the process of achieving buy-in from the signatory states. So began Gift’s career as a diplomat, working tirelessly behind the scenes to garner support for the ratification of the Harare Protocol, the incorporation of the Patent Cooperation Treaty within ARIPO, and the execution of a study into the incorporation of trade marks within the framework of the organization, eventually leading to the Banjul Protocol on Marks. Recognising the realities of entrepreneurship and innovation in an African context he also worked towards the acceptance of the utility model system, whereby the IP value inherent in relatively small inventions could be protected at an affordable cost.

この間、ギフトはARIPOのランクを着実に上昇し、1992年に上級工業用不動産責任者に昇進し、2004年に法務およびトレーニング部門の責任者に任命されました。また、その機能と能力の開発にも深く関わっています。これには、ホスト国であるジンバブエにある組織の本部に適した施設の特定、および物件の購入の交渉が含まれていました。彼はまた、組織とその加盟国内の知財実務家の能力開発を支援するためのトレーニングプログラムを開発し、彼の前向きなアプローチを再び示しました。 2005年、Giftの努力と専門知識は、ARIPOの局長に任命されたことで認められました。起こりうる混乱の中で明快さを生み出す能力は、リーダーシップの重要な要件の1つであり、この目的のために、Giftは、組織として、ARIPOがその目的に焦点を合わせ続けることを保証しました。この目的のために、彼は、資源動員と企業イメージの向上、インフラ開発、知的財産法の促進と調和、質の高いサービスの提供と戦略的パートナーシップの構築、および知的財産政策開発の支援を含む、6つの戦略的目標を策定しました。このポストでの2つの任期中、彼は、特にARIPOの目的と、アフリカにおける知的財産法の役割を促進するために、州や組織との戦略的パートナーシップを確立するために精力的に取り組みました。 ARIPOが英語圏のアフリカ諸国の組織として始まったところ、Giftの管理下で、ARIPOはより汎アフリカ的な性格を帯びてきました。 ARIPOは、大陸でのフランコフォンの類似物であるOAPIのライバルになる可能性が非常に高いですが、Giftは、1996年の二国間協定、2005年の訓練協定など、組織間の強固なパートナーシップを強化する上で重要な役割を果たしました。 OAPIの管理評議会のセッションに出席するために常に特別な努力をし、これが不可能な場合は、適切な代表者を派遣しました。これは、アフリカが中国の工業所有権庁、日本の特許庁、国際商標協会などの国際的なパートナーとの知的財産問題に対処する際に統一された前線を提示するのに役立ちました。

特許性の基本的な基準の中には、発明が新規であり、非自明または発明であり、有用であるか、またはいくつかの実用的な用途がなければならないというものがあります。 Giftのイノベーションの多くは、必ずしも特許性があるとは限りませんが、これらの要件を満たしています。多くの場合、彼は他の人が見落としていた新しいアプローチを考え出し、それがARIPO、そのメンバーおよびスタッフの仕事に具体的な違いをもたらしました。ハラレ本社のインターネット接続を改善する場合でも、バックログを減らすための検索および調査戦略を開発する場合でも、Giftは、スパナを作業から解放し、ギアを回転させる優れた能力を示しています。

同僚、開業医、メンター、リーダー、そして友人として、Gift SibandaはARIPOで、そして組織を通じて彼と接触したすべての人々に心から惜しまれるでしょう。同時に、彼はまた、組織の円滑な運営が保証されるような強固な基盤を確立し、後継者にARIPOをより高いレベルに引き上げる十分な余地を与えています。幸いなことに、彼の知識、経験、創造性はアフリカの知財に失われることはありません。そして、アフリカ大陸の知財実務家が、今後何年にもわたって贈り続けるギフトを楽しみにできることを願っています。