主要なスポーツは大企業であり、スポーツイベントのステージングには莫大な金額が関わっています。この世界的な傾向は、2010 FIFAワールドカップの間に南アフリカではっきりと注目されました。これは、一般的に、特に南アフリカで、ブランディングが主要なスポーツで果たす役割の優れた例を提供しました。 Spoor&Fisherの著作権専門家であるDR OWEN DEANは、関係するすべての人に利益をもたらすために法律をどのように適用できるかについて説明しています。

老舗の組織である国際サッカー連盟(FIFA)は、トーナメントに関連するブランドを保護するための非常に明確な方針を策定しました。これは、特に2010 FIFAワールドカップの期間中、近年ますます注目を集めています。

FIFAは、ワールドカップに関連して、いくつかの異なるカテゴリのブランドを採用し、保護しています。マークFIFAやワールドカップトロフィーの表現など、その活動全般およびすべてのワールドカップに適用されるさまざまなジェネリックブランドがあります。 GERMANY2006やSOUTHAFRICA 2010など、特定のトーナメント自体を表すブランドもあります。次に、各ワールドカップの公式エンブレム、トーナメントの公式マスコット、そのマスコットの名前など、イベント固有のブランドがあります。 2010年南アフリカ大会の場合、公式マスコットはザクミでした。

商標登録

ブランドを保護するためのFIFAのプログラムの最前線には、商標の登録があります。マークFIFAなどの一般的な商標は、幅広い商品やサービスに関して南アフリカで長年登録されているため、2010年のトーナメントのステージングに備えるために特別な手順は必要ありませんでした。

FIFAは、南アフリカ2010およびワールドカップ2010の商標を幅広いクラスで登録しました。イベント特有のマークとして、FIFAは公式ロゴ、いわゆるFOOTBALL PLAYER&DEVICEマーク、ZAKUMIという言葉、MASCOTDEVICEマークを幅広いクラスで登録しました。公式ロゴは主要なイベント固有のマークであり、可能な限り最も包括的な保護が必要でした。商標としての登録に加えて、公式ロゴは、いくつかのクラスで意匠法に基づく意匠としても登録されました。

2006年にドイツで開催されたFIFAワールドカップでは、FIFAはイベントを指定するさまざまな商標も登録したか、登録を求めました。すべてのマークの登録は、広範囲の商品とサービスのために求められました。一部のマークは、基本的にイベント自体を説明しているため、特徴がないという理由で、ドイツ連邦最高裁判所によって拒否されました。

南アフリカの経験

南アフリカでは、興味深いことに、SOUTH AFRICA2010やWORLDCUP 2010などの対応するマークは、ヨーロッパ人が下した決定にもかかわらず、第三者からの異議なしに商標登録官による登録に進むことが許可されていました。法廷。南アフリカの商標法とヨーロッパの法律は、記述的商標の登録不能性の問題に関して非常に類似しており、南アフリカの商標が同じ運命をたどったであろうこと、または少なくともそれらが異議の対象。ヨーロッパのカウンターパート。たまたま、2010 FIFAワールドカップは、マークでのFIFAの権利を行使する目的で信頼されていたにもかかわらず、これらのマークに1度も挑戦することなく出入りしました。

1941年の商品マーク法には、第15条に、貿易産業大臣が特定のマークの使用を禁止することを認める条項が含まれています。 FIFAはこの規定に依存し、幅広いワールドカップマークの禁止を貿易産業大臣に申請しました。大臣は、保護が求められていた特定の標章を禁止する通知を正式に発行したが、保護は、その通知に基づく権利を行使するための努力がなされなかったような複雑で厳しい条件の下で行われた。これまでのオリンピックシンボルや他のスポーツイベントの指定などのマークが事実上無条件に保護されていたため、この点に関する大臣の態度は奇妙でした。大臣は、特に同時に求められていた幅広い商標登録を考えると、FIFAがその商標を求めていた保護の包括性の程度においてそれ自体を超えていると考えた可能性があります。

パッシングオフ

詐称通用のコモンローの救済策はまた、FIFAにそのマークを保護するための手段を提供しました。 2010年のワールドカップのステージングに付随する大きな宣伝は、間違いなく、イベントに関連するFIFAのさまざまな商標で強力かつ重要な評判を確立しました。この評判とそこから流れるのれんは、他の当事者がマークを誤って使用した場合に詐称通用の主張を行うための十分なプラットフォームをFIFAに提供し、FIFAの権限なしに、それらが適用された商品/サービスとトーナメントとの関連を示唆しました。そのような評判が確立されたという発見は、国際サッカー連盟(FIFA)対メットキャッシュトレーディングアフリカの場合に行われました。

詐称通用に依存するFIFAの能力は、米国で開催されたFIFAワールドカップの期間中に1994年に南アフリカに持ち込まれた以前の事件によってかなり強化されました。その場合、FIFAは、米国でのイベントのステージング時に「WORLD CUP」の商標が付いた衣料品を販売していた衣料品メーカーに対して、詐称通用を主張することに成功しました。その時でさえ、FIFAは、ワールドカップという用語がそれ自体との貿易関係を示していると裁判所に納得させることができました。この事件は当時非常に重要でした。なぜなら、以前の事件では、いわゆる「キャラクターマーチャンダイジング」の現象に対処する際に、裁判所が、たとえば、同じ名前のテレビシリーズでDALLASのマークの下で取引されているレストラン。したがって、裁判所は、「キャラクターマーチャンダイジング」の慣行が南アフリカで確立されたことを受け入れることを拒否しました。 FIFAは、この現象を認めようとしない裁判所の不本意を克服し、所与の状況で商標WORLD CUPを使用すると、問題の製品がFIFAおよびサッカートーナメント。

貿易慣行法には、FIFAワールドカップなどの主要なスポーツイベントの文脈において、刑事制裁の対象となる法定の詐称通用に相当する条項が含まれています。 FIFAはまた、2010FIFAワールドカップに関連する商標を保護するためにこの規定に依存していました。それと商品マーク法のセクション15は、民法上の救済策を作成しない刑事規定ですが、FIFAは、刑法から生じる民法の訴因を作成するために、違法な競争の議論を首尾よく使用しました。訴因は、当事者が刑事犯罪を犯した場合、客観的に違法に行動し、その違法行為が他の当事者に損害を与えた場合、その当事者は違法な競争に基づく不法行為を主張するという原則に基づいています。

アンブッシュマーケティング

イベントマークを所有するFIFAやその他の組織も、広告業界によって構成される自主的な団体であるAdvertising Standards Association(ASA)の四半期からマークを保護するための支援を得ることができます。広告行動規範と、その付属物として、次のように書かれた「スポンサーシップコード」があります。アンブッシュマーケティングは、イベントの公式スポンサーであるという印象を与えるための組織、製品、またはブランドの試みです。または、スポンサーシップの権利料を支払ったり、スポンサーシップ契約の当事者になったりすることなく、そのイベントまたはアクティビティに参加することによるアクティビティ。

スポンサーシップコードのパラグラフ3.7の規定は、基本的に貿易慣行法のセクション9(d)に類似しており、実際には、特に主要なスポーツイベントに関連するコード化された詐称通用に相当します。これらのASAコードの違反は、ASAによって構成されるさまざまな委員会によって執行され、スポンサーシップコードの反抗的な違反者は、すべてのメディアと印刷業界を含むASAのメンバーによって課されるすべての広告の禁止に直面する可能性があります。このような禁輸措置は、手に負えない広告主に広範囲にわたる影響とペナルティをもたらす可能性があります。

芸術作品

最後に、2010 FIFAワールドカップの公式ロゴと公式マスコットの外観は、著作権法の目的のための「芸術作品」を構成します。これらの作品の無許可の複製または改作は、著作権侵害を構成する可能性があります。これは、主要なイベントのコンテキストでの保護の有用な形式です。もちろん、著作権法の目的で文学的または芸術的作品を構成するすべてのマークにも同じ考慮事項が適用されます。公式ロゴに関する著作権侵害は、2010 FIFAワールドカップまでの期間中、特に対応する商標が登録される前の時期に、FIFAによって実際に信頼されていました。このように、FIFAは、2010 FIFAワールドカップの期間中、ブランドを保護し、商業的に活用するために、強力なIP兵器を自由に使用できました。トーナメントに関連するブランドの商業化は、トーナメントがあらゆる点で、特に財政的な観点から大成功を収めることに大きく貢献しました。

法律の適切な活用

2010年のワールドカップの場合のように、スポーツブランドが適切に利用されていれば、南アフリカの法律がスポーツブランドの効果的な保護を認めていることは明らかです。これには、スポーツの分野におけるブランドの性質を適切に理解し、法律とそれが最大限に利用できるようにする施設を使用するための考慮されたアプローチが必要です。しかし、スポーツ団体と管理者は、スポーツが知的財産の領域にどのように適合するかについての適切な認識を欠いているようであり、知的財産の価値を最大化するためのよく計画された戦略、特に商標法を採用して、価値のあるブランドを保護することができません。最大限に。この不幸な状況は政府にも及ぶようであり、その考えはこの問題に関して幾分混乱しています。関係するすべての関係者は、プロスポーツの運営と主要なスポーツイベントの開催は大企業であり、知的財産権の文脈では他の企業と同様に扱われるべきであることを理解する必要があります。スポーツブランドは貴重な財産であり、そのように扱われるべきです。 FIFAと2010年のワールドカップの例は有益であり、その知的財産権保護キャンペーンはテンプレートとして使用されるべきです。その段階に達したとき、スポーツとブランディングは適切に独自のものになります。